メインの画像
  • HOME
  • > 便秘茶とカフェインの関係

便秘茶とカフェインの関係

普通のお茶では便秘の解消効果は得られないのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

便秘茶でないといけない理由がありますので、納得した上で飲用しようという人は読み進めていってください。 まず、各種お茶にはさまざまな成分が含まれています。
その中の一つにはカフェインがありますが、この成分の代表的な効果としては覚醒作用が挙げられるでしょう。

いわゆる眠りにくくなるのがこの覚醒作用なのですが、他にもカフェインには作用があることをご存知でしょうか。 実はカフェインには利尿作用があるといわれているのです。
そしてこの利尿作用が便秘解消の妨げになると考えられています。 便というのは、柔らかいほうが排出されやすいという特徴があるのですが、便の柔らかさは水分量に影響されるといわれています。

カフェインの利尿作用により水分が失われてしまうと、便の水分量が少なくなる可能性があるでしょう。 水分の少ない便というのは、固くなり、排出されにくくなってしまうのです。
このため、便秘でない人が便秘を引き起こしたり、便秘の状態を悪化させることにもなりかねません。 このような理由から、カフェインが含まれているお茶は便秘の解消に適さないということができるのです。

この点に関し、便秘茶として販売されている商品は、カフェインの量が便秘に影響しない程度に抑えられていたり、 全く含まれていない、いわゆるノンカフェインのことが多いのです。
以上のことから、お通じを良くしたい人は便秘茶を飲用するのが好ましいといえるでしょう。

▲ このページの先頭へ戻る