メインの画像
  • HOME
  • > 便秘茶の成分と原料

便秘茶の成分と原料

便秘解消に便秘茶が効果的とされている理由は、含まれている成分にあるといえるでしょう。

どのような成分が便秘茶に含まれているのか、代表的な種類を紹介していくことにします。 まず、大抵の便秘茶に含まれている成分が食物繊維です。 食物繊維は腸のはたらきを活発にし、排便を促す作用があるといわれています。
このような効果があるからこそ、便秘の人は積極的に食物繊維を摂ったほうがいいといわれるわけです。

どのような原料が使用されている便秘茶に食物繊維は含まれているのでしょうか。 これに関しては大麦若葉、オオバコ、コーン、アロエ、ローズヒップ、桑の葉、ハニーブッシュ、 たんぽぽ、黒大豆、ゴボウなど、多数の種類を挙げることができます。
現在、便秘茶といってもさまざまな商品がありますが、食物繊維を豊富に含む原料はほとんどの商品に使用されています。 また、便秘茶の種類によっては、腸に刺激を与えることにより排便を促す原料が使用されている場合があります。

どういう原料が挙げられるのかというと、これにはフェンネル、たんぽぽ、ドクダミ、 レモングラス、アロエ、ゴールデンキャンベルなどがあります。
他にも便秘茶にはいろいろな原料が使用されており、便秘に効果的な成分も原料により異なります。 どのような原料にどのような成分が含まれており、いかにして便秘に作用するのかという点に注目して便秘茶を選ぶと良いでしょう。 また、使用されている原料により便秘茶の味が異なりますので、飲みやすい商品を選びたいところです。

▲ このページの先頭へ戻る