メインの画像
  • HOME
  • > 妊娠中・授乳中に飲める便秘茶

妊娠中・授乳中に飲める便秘茶

妊娠中・授乳中に飲める便秘茶にの画像

妊娠中というのは、便秘の症状に悩まされやすいといわれています。

しかしながら、赤ちゃんへの影響を考慮すると、下剤など薬の使用は控えなくてはいけません。 このことから、便秘薬ではなく便秘茶を飲用するとどうかと考える妊婦さんは多いのですが、お茶にも注意しなくてはいけない成分があります。
注意すべき成分はカフェインなのですが、赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性があると指摘されているのです。

どのような悪影響が心配されるのかといいますと、お腹の中にいる赤ちゃんの発育障害、最悪の場合は命を落とす危険性まであるというのです。 このようなことを聞くと、カフェイン入りの飲み物を摂ろうという気持ちには到底なれないでしょう。
また、妊娠中だけでなく授乳中もカフェインが子供に影響するといわれているのです。

授乳中は母乳を通じて赤ちゃんがカフェインを摂取することになりますが、カフェインの作用により興奮したり、 落ち着きがなくなったりする可能性が高まるとされています。
その他、乳幼児突然死症候群のリスクが増大するという指摘もあることから、 妊娠中同様カフェインを摂らないに越したことはありません。

しかしながら、便秘の症状はどうにかしたいところですが、頭を抱えてしまう女性は多いでしょう。
ただ、便秘茶の場合にはこうした妊娠中や授乳中のママに配慮し、ノンカフェインにしている商品が多いのです。 母子共に体への悪影響を心配することなく、安心して飲めるようになっているのが便秘茶の良いところといえるでしょう。

▲ このページの先頭へ戻る